エマヌエル・スヴェーデンボリの著作と関連書専門の出版社です。

スヴェーデンボリ

  • HOME »
  • スヴェーデンボリ

エマヌエル・スヴェーデンボリ(1688〜1772)

 スヴェーデンボリは、スウェーデンの司教イェスパー・スヴェドベリ 〔父〕と鉱山の所有者の一族出身のサラ・ベーム〔母〕の息子でした。ウプサラ大学で学んだ後、スヴェーデンボリはヨーロッパを広く旅行することでさらに学 び続けました。その多くの時をロンドンで過ごし、グリニッジ天文台のフラムスティード〔同天文台の初代台長〕を訪れたこともあります。彼はウプサラ大学の 天文学と数学の教授職を提供されましたが、それよりもスウェーデン「鉱山局」での職〔臨時監査官〕を選びました。このほうが国にさらに大きな貢献ができる と思ったからです。彼はまた貴族院の議席も与えられています。

 彼はスウェーデンの鉱山工業が遅れていると知り、多年にわたりこ れを最新のものにしようと励みました。こうする中で、彼は科学と工業の多くの分野を学び、当時、利用できる多くの技術をすばやく吸収しています。自分自身 で出版し始めて、彼の『原理論(Principia)』また『鉄』や『銅』についての論文は、広い範囲で尊重されるようになりました。

 四十、五十代からはその徹底的な研究を哲学や心理学へ広げていま す。彼は霊魂の座を見つけ出すことに関心を持ち続けましたが、しかしついに、科学によってでは自分の探し求める答えは与えられないであろうと悟りました。 彼はヘブル語と聖書を学ぼうと感じ、いろいろな様式で「創世記」についての注解を書いています。同じ頃、意味のある夢に気づき始め、その後、霊的な経験を もちました。 それらの経験により異常な霊的意識の状態へ導かれますが、彼はこれを神の許しであったと主張しています。彼は、ある種の恒常的な「臨死体 験」ともいえるものによって、「来世」を二十年間以上にわたって経験することを許されました。「聖書」を読んでいる間に、彼はその中にある象徴的な意味に 気づかされています。彼の科学的な研究のように、それら経験したあらゆるものを記録し、ここから、その成果として『天界の秘義』、『天界と地獄』といっ た、また彼が「天使的な知恵」と呼んだ『神の愛と知恵』、『結婚愛』といった数多い神学著作を得ています。

 これらの著作は当時の学術的交流のための標準的な言語であるラテン語で書かれました。そのころ自由に出版できる国はオランダとイギリスだけでした。それでそれらの著作は最初にそこ〔アムステルダムとロンドン〕で出版されています。  ロンドンで八十四歳のとき亡くなりました。

 

(この略歴は、スヴェーデンボリ協会の機関誌『聞き、見たこと』に掲載されているものです)

 

 

スヴェーデンボリの生涯や思想について詳しく知りたい方は 『スヴェーデンボリ叙事詩』『スヴェーデンボリ その生涯と教え』をお読みください。

お問い合わせとご注文(FAXかメッセージでお願いします) TEL 03-3748-1873 同番号のFAXをご利用ください。

Copyright © Swedenborg Press Inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.