メモラビリアの必要と役立ち

最近のコメント

     『霊界体験記』(4123)の中に、霊界に関する逸話であるメモラビリは奇跡の代わりであって、人々がそれらを読み、信じ、それらに感動しないなら、彼らはみことばの内なるどんなものも喜んで聞こうとはしないであろう、と語られている。また、『黙示録講解』(410)の中に、内意を知るために、霊界に存在するものを知ることの重要性が述べられている。

     メモラビリアは、文字どおりの意味の歴史的なものに関連しており、これはみことばの霊的な真理への導入となる最初のものである。メモラビリアは、霊界での歴史的なものであると言えるかもしれない。それらは「教え」を新たに受け入れる者にとって学ぶべき最初のものであり、子どもや若者に伝えるべき最初のものである。

    W・F・ペンドルトン著『著作からの話題』より

    タイトルとURLをコピーしました