アーメン

最近のコメント

    御国と力と栄光は、永遠にあなたのものでありますから。アーメン。

    マタイ 6・13

     祈りを終えるとき、私たちは思いを私たちの父にだけとどめます。御国は御父のものであり、御父だけがすべての力を持たれ、すべての栄光は御父お一人に属します。「アーメン」はこの真理を確認することを意味します。

     私たちは、御父の御国とみこころを祈ってきました。私たちに日ごとのパンを備え、私たちを悪から救ってくださるのは、御父の力です。また、私たちのいのちを変えられるという栄光のすべても御父のものです。

     私たちを救いに世にやって来られ、どう祈ったらよいのかを教えてくださったのは、私たちの父です。私たちの父が、人間の身体を取ってご自分を現わされ、イエスと呼ばれました。

    イエスを知り、イエスを見ることは私たちの父を見ることです(ヨハネ 第14章)。私たちはイエスのために御父に祈るのではなく、私たち自身のために祈ります。イエスは私たちの御父であり、私たちの必要とするすべてをかなえてくださるからです。御国、力、そして栄光も永遠にイエスのものです。

     私たちがイエスについて学んだなら、イエスについての私たちの思いは、なんと違った、もっとすばらしいものになることでしょう。イエスは私たちに、「わたしから学びなさい。わたしは柔和で、心がへりくだっているからです」と言われました。私たちはなぜしばしば、私たちが知性と呼ぶもの、伝統、人々の戒めのほうを好むのでしょうか?

     私たちの祈り方は、しばしば混乱し、あまりに多くの言葉を詰め込み過ぎています。多く話したからといって聞いてもらえるものではありません。

     イエスが教えられたように、私たちの内部のいのちの密かな場所で祈ることを学びましょう。イエスは私たちの御父であり、御国・力・栄光は永遠にこの方だけに属する、と認めましょう。こうしてイエスについて学ぶとき、私たちは御前へ日ごとに近づいてゆきます。

    すべて息あるもの、
    主を賛美せよ。
    主を賛美せよ。

    詩篇 150・6

    ブックレットシリーズ No.4『あなたは祈るとき』より

    タイトルとURLをコピーしました