あなたは祈るとき

最近のコメント

    あなたは祈るとき、自分の奥まった部屋に入りなさい。 そして戸を閉め、隠れた所におられるあなたの父に祈りなさい。 すると、隠れた所で見ておられるあなたの父が、あなたに報いてくださいます。(マタイ 6・6)

    イエスは私たちに、私たちが祈るときどうしたらよいか、語られています。何よりもまず最初に、奥まった部屋に入り、戸を閉めなくてはなりません。しかし、「奥まった部屋」はどこにあるでしょうか?

    私が子どもだった頃、これは家の中で一番静かな部屋でした。その後、これはオフィスの戸棚の陰となりました。さらにその後は、そうしたいときにはいつも、私はこれを自分のすぐそばに見つけ出すようになりました。

    私たちはこの部屋を持ち運びます——心の家の奥まった部屋だからです。この部屋の回りには外側の部屋があり、そして最も外側の部屋はいつも世俗の生活のあわただしい思いでごった返しています。

    奥まった部屋への「通路」は、いつもたやすく見つかるものではありません。外側や最も外側の部屋は、しばしば、熱病にでもかかったかのようなその時の要求によってふさがっています。それでも、その「通路」をイエスは教えられ、経験もまた最も効力のあるものであることを証明しています。それは、どんなに私たちの外側の生活が満ち足りたものであっても、主は常に隠れた所に見いだされるからです。

    奥まった部屋に入ってから、戸を閉めます。自己愛と世俗愛を締め出すことで、私たちはこれを行ないます。そうして、静謐(せいひつ)と平和の状態を得ます。貴重で優しい思い出が住み、真ん中に私たちの御父が現在される場所です。今やほんとうに、隠れた所で祈ることができます。私たちはすぐに、御父が現在されている雰囲気を感じ、その慈悲と愛に気づくでしょう。

    祈りの言葉を始める前に、たいてい、御父からの報いが私たちの前に明らかとなっています。

    いと高き方の隠れた所に住む者は、全能者の陰に宿ります。 (詩篇91・1)

    ブックレットシリーズ No.4『あなたは祈るとき』より

    タイトルとURLをコピーしました