The Ass

朝、バラムは起きて、彼のろばに鞍をつけ、
モアブの君主たちと一緒に出かけた。           民数記 22・21

口では主を認めても、心では主から遠く離れた人たちが、「バラム」によって描かれています。彼らは、教会の敵といつもすぐに妥協しようとします。「朝に起きる」ことは、新しい状態の始まりを表わします。「ろばに鞍をつける」ことは、モアブの君主たちと一緒に旅するよう、その準備を自分からすることを表わします——「君主たち」は敵の使者です。「ろば」は自然的な推論であり、人の低い欲望を運びます。ろばのように、自然的な推論はのろく、頑固なところがあります。

祈り

主よ。私を調べ、私を試みてください。
私の腎臓と私の心臓をためしてください。
私のたましいを罪人とともに集めないでください。
彼らの手には放埒があります。                    (詩篇 26)