5月10日 土台

最近のコメント

    Foundation

    土台が壊されたなら、
    正しい者は何を行なえるのか。    詩篇 11・3

    かつて、私は塀を建てたことがあります! 高さ五フィート、幅十五インチ、すべて石造りです。私はそれを大いに自慢し、家族もそうでした。数週間してから、大雨が降ったとき、その立派な塀は倒れてしまいました。非常に悲しかった——けれども、良い経験でした。私は土台を忘れていたからです。土台なしに、正しい者は何ができるでしょう?
    逆境の洪水がやって来て、私たちは倒れます。しかし、真にすばらしい土台や石は役立ちます——それらは主の教えです。特に、主への愛と隣人への愛の二大戒律です。これらを滅ぼすことができるものは何もありません。

    祈り

    主よ。私は心から、あなたにお願いいたします。
    あなたの道を私に教えてください。
    私の足をあなたの証しへ向けます。  (詩篇 119ヘート)

    タイトルとURLをコピーしました