その名は「不思議、助言者」と呼ばれる。    イザヤ 9・6

私たちの生活(いのち)を主の統治に明け渡すとき、主は私たちの助言者となられます。私たちは主が非常に「不思議」な方とわかるので、その方の忠告――その方の助言を喜んで聞きます。私たちは今や、主の二番目の名前が「助言者」と呼ばれるとき、何が意味されるのか理解しています。
主の教えを聞くとき、私たちはますます不思議な思いに満たされます――主の助言は極めてすばらしいものであり、人を引き付けます――それはすべて、私たちの創造主を愛すること、互いに愛すること、天の御国を求めることについてです。
新しい戒めの中にすべてまとめ上げられています――「子どもたちよ。……私があなたがたを愛したように、愛し合いなさい

祈り

主よ。私の右手をつかまえてください。
あなたの助言で私を導いて、
後には私を天界に入れてください。       (詩篇 73)