3月2日 主

最近のコメント
    ほむべきかな主、私の岩。
    いくさのため私の手を、戦いのため私の指を、鍛えられる。
    私の恵み、また私の砦、私のやぐら、
    私を救われる方、私の盾、私の身の避けどころ。
    私の民を私の下に服従させる方。        詩篇 144・1, 2

    ひとたび、自分自身からでは何もできない、とほんとうに知れば、私たちは知恵を持ち始めます。そして、主の教えを受け入れ、主からの強さをすべて手に入れます。自己愛から立ち上がってくる敵を、新しい目的と活力をもって、もっとよく組み伏せることができます。主の永遠の真理は、あらゆる側にいる敵から私たちを守る「」、「やぐら」となります。

    祈り

    主よ。私のたましいを、牢獄から連れ出し、
    私があなたの御名を賛美するようにしてください。
    私の回りに正しい者たちが集まるでしょう、
    あなたが私に良くしてくださるからです。     (詩篇 142)

    タイトルとURLをコピーしました