11月16日 標題

最近のコメント

    The title

    ピラトは標題を書いて、十字架の上に掲げた。
    それには「イエス・ナザレ人・ユダヤ人の王」と書いてあった。 ヨハネ 19・19

    題名! ただの二度、イエスは「ユダヤ人の王」の題名(称号)を与えられました。一度は誕生のときであり、もう一度は死のときです。
    イエス」の名前は神の愛を表わし、そして「王」によって真理または神の知恵が表わされます。
    私たち自身に関わるものとして、この十字架上に記されたことは、主の愛が私たちの心と行ないを支配し、主の知恵が私たちの理解力を、またそこから私たちの言葉を支配されていることを表わします。十字架は、私たちの中にある自己を否定することや犠牲にすることを表わします。

    祈り

    主よ。深いところから、私はあなたに呼ばわりました。
    主よ。私の声を聞いてください。
    私の願いの声に耳を傾けてください。             (詩篇 130)

    タイトルとURLをコピーしました