10月22日 一人でもてなす

最近のコメント

    Serve alone

    ところが、マリヤは、多くのもてなしに煩わされ、近づいて言った。
    「主よ。私の妹が、もてなすために私一人を残していることを、
    あなたはお気になさらないのですか。
    それで、私を手伝うよう、彼女に言ってください。」          ルカ 10・40

    マルタは煩いすぎです! 彼女の意味するものは、私たちの心の中の考える部分である、ということを思い出してください。この部分は、計画したり準備したりすることで生活の忠実な側面に仕えます。ときどき、この部分は愛の召使いであることを忘れ、そこで不満を言います。「私一人が給仕しなくてならないのですか?」と尋ねます。
    このことは外見上で、思考が最初にやって来て、すべての働きをなすことです。実際、思考だけが愛することの実行者です。イエスへの愛がなくなるとき、イエスを考えることも止みます。

    祈り

    神よ。あなたは、私の若いころから、私を教えてくださいました。
    私は今もなお、あなたの奇しいわざを告げ知らせています。       (詩篇 71)

    タイトルとURLをコピーしました