必要なものは、一つです。
マルタは善いほうを選びました。
これを彼女から取り上げてはいけません。   ルカ 10・42

これはまったく別の異なる選択を描いています。これは多くのものから一つの方法を選ぶというものではなく、イエスが家のお客であられるとき、何をするべきか、という選択です。
個人にあてはめてから見れば、家とは、あなたのことです――あなたの心です。それから、イエスを招いたのも、あなたでしょう。マルタは、お仕えする方法を考えて、忙しく、活動的なあなたの思考を表わすのでしょう。しかし、マリヤは、イエスがいらっしゃることで心暖かくなり、幸福となったので、座って、イエスに聞く以外の何ものをも選ぼうとしなかった、あなたの愛を表わすのでしょう。

祈り

主よ。私にお答えください、あなたの恵みは善いものですから。
あなたのあわれみは豊かですから、私に御顔を向けてください。    (詩篇 69)